夏の『冷え太り』原因と解消法

夏は汗をかくから痩せやすい!というイメージを持ちがちです。しかし実は夏、太ったかな・・・と感じている方って意外と多いのを皆さんご存じでしょうか?
『夏太り』ともいわれ、別名『冷え太り』といわれています。

では『冷え太り』とは実際なんなのでしょうか?

現代人に意外と多い!?夏場の『冷え太り』!

人間の身体は座っている状態や寝ている状態でもエネルギーを消費しています。生きていくために必要最低限のエネルギー、つまり『基礎代謝』が重要なカギを握っています。基礎代謝が低い方はエネルギーを消費する力が弱い状態です。摂取した栄養エネルギーを消費する効率が悪いため、残ったエネルギーが蓄積し脂肪になってしまいやすい。

実はこれが『冷え太り』の原因なのです。

1年の中で夏は基礎代謝が季節的に低下します。逆に基礎代謝が高くなるのは冬場。寒さに耐えようとするので積極的にエネルギーを作りだしているんです。

現代では室内温度と外気温度の差が激しいため、体温の調節がされにくくなっています。クーラーの効いた部屋で手足の冷えを感じている方は要注意というわけです!

暑さを避けるために外出や外での運動を控える方も多いかと思いますが、それが運動量の低下につながるため、基礎代謝の低下にも繋がるのです。

冷え太りを解消するには・・・!?

冷え太りは身体が冷えている事が原因です。身体を冷やしたままの状態だと頭痛や肩こり、腰痛、また不眠などのさまざまな症状が併発する可能性がございます。
脂肪をため込まない身体作りを目指すためにはどうすればよいのでしょうか?

食生活の改善

夏場は冷たいビールやアイスクリームがおいしい季節ですね。その冷たいビールやアイスクリーム、アイスコーヒーは冷えの原因なんです。水もできるだけ常温のものを飲むのがおすすめとされています。
朝は白湯をコップ1杯飲むことをおススメします。そこに天然の塩を一つまみ入れておくとなお良いでしょう。ミネラルも吸収してくれるので、天然の塩で試してみてください。

また、よくお伺いするのが生姜の効果です。保温作用のほかにも殺菌作用・食欲増進・疲労回復などの効能がございます。本来ならすりおろした生姜が一番良いのですが、チューブタイプや現在はパウダータイプもございますのでお手軽に紅茶やみそ汁などに入れてみてもよいかもしれませんね。

運動不足を解消

やはり基礎代謝を上げるためには運動が必要です。ですが、急に激しい運動を行うとケガの原因になったり、結局長続きしない、なんてことになるので継続して行うことが重要なのです。例えば、通常乗るバス停よりも1停先のバス停まで歩いてみたり、朝晩に軽くウオーキングをすることもおススメです。

自宅で簡単にできる対処法

半身浴も有名な冷えの対処法です。通常お風呂はシャワーなんて方は是非湯船につかってみてください。疲れを取ってくれたり、その後の睡眠も質の良いものとなります。またその後にストレッチなどを行うのもおススメです。血行を良くしてくれ、相乗効果も期待できます。

なかなか蓄積した脂肪は落ちにくい・・・

特にお腹周りや二の腕や太ももなどなかなか蓄積した脂肪は落ちにくいですよね。当サロンでは1箇所を集中してアプローチを行う奇跡の痩身コースをご用意しております。この夏の『冷え太り』には皆さまお気を付けくださいね。