手強い二の腕を細くするには

お腹の脂肪を落としたいというお悩みのほかに実は多いご相談が、二の腕の脂肪を落としたいというご相談です。特に夏場は露出の機会が増えるため、気にされている方も多いのではないのでしょうか?

これから厳しい暑さが予想されますが、ノースリーブ等を着用し肌を露出する機会が増える季節ですね。そこで気になるのが二の腕です。ほっそりと白い二の腕に憧れる女性も多いはず・・・!ですが、実際は二の腕の脂肪は落ちにくいのが現状です。それではなぜ二の腕の脂肪は落ちにくいのでしょうか。

二の腕は特に痩せにくく、脂肪がつきやすい部分!!

二の腕は上腕二頭筋と上腕三頭筋の2種類の筋肉で構成されています。上腕二頭筋はよく使用される筋肉で物を持ち上げたりする際に使用される筋肉です。

では上腕三頭筋は、どこで使用される筋肉なのでしょうか?通常筋肉を守るために脂肪を蓄えやすい部位です。そのうえ使用する機会が非常に低い筋肉部位とも言えます。そうなると皮膚がたるんで脂肪が蓄積しやすくなるのです。

それに付随して現代人に多い原因が、姿勢の悪さです。
鎖骨周辺や脇の下にはリンパが流れています。姿勢が悪くその部分が圧迫されるとリンパの流れが悪くなり、むくんでいきます。リンパが悪くなるとむくむだけではなく、老廃物も蓄積されていきます。結果、代謝が悪くなり脂肪が蓄積されやすくなるのです。

また、二の腕を触ると、皮膚がボコボコとなっている場合。下の部分をつまんでみるとなんだかつぶつぶとした感触を感じませんか?実はそれ、脂肪がセルライトとして蓄積されている可能性が非常に高いんです。

脂肪の一種としてあげられるセルライトですが、余分な老廃物と結びついたり、脂肪細胞同士で結びついているとできるものです。

夏場はクーラーの風が少し冷たく感じることがあります。その冷え、実は脂肪を蓄積する原因にもなっているんです。二の腕の部位がクーラーなどで冷えてしまうとセルライトに変わってしまい、脂肪が落ちにくくなるのです。

このセルライトは通常の脂肪よりも落ちにくいので要注意とも言われています。

二の腕痩せの対処法とは・・・?

まずは身体を冷やさないようにすることを心がけてください。身体が冷えたままでは脂肪が蓄積しやすいままとなるので、常に上着を一着持ち歩くとよいですね。

簡単な筋トレを行うことをおススメします。しかもそれは上腕三頭筋を意識して行うことが重要です。またお風呂上りなど身体が温まっている状態でストレッチを行うと暖かい身体の状態なのでおススメです。

しかしながら、二の腕の上腕三頭筋は本当に日常で使用することが少ないので、日々意識付けが必要です。当サロンでもご相談受け付けておりますので遠慮なくご相談くださいね。
今年の夏は人の目も気にせず、すらりとした二の腕を目指したいですね。