お肌のターンオーバーを知り、若々しい素肌へ・・・

よく『ターンオーバーを正常に』や『ターンオーバーが乱れると大変・・・』といった言葉を耳にしますが、実際『お肌のターンオーバー』とは何のことなのかご存じでしょうか?

美しくなりたい、若々しくありたいと思う上で『お肌のターンオーバー』を把握しておくことは非常に重要です。今回はターンオーバーはなんなのか?ターンオーバーが乱れた際にお肌にどんな影響があるのかをご紹介させていただきます。

お肌のターンオーバーとは??

お肌のターンオーバーとは、すなわち『肌代謝』です。一定のサイクルでお肌は新しく生まれ変わっているのです。
通常、皮膚は『表皮』『真皮』『皮下組織』の3層で構成されています。更に『表皮』は4層で構成され、内側から『基底層』『有棘層』『顆粒層』『角質層』という名称です。

1番内側の基底層で細胞が生まれると新しい細胞として押し上げられ表面まで上がります。自然と古い細胞が剥がれ落ちるという仕組みをターンオーバーというのです。

つまり1番上の『角質層』は汚れ、古い細胞ということです。

通常一般的に『ターンオーバーは28日周期』とされていますが、もちろん個人差がございます。それはお肌のトラブルを抱えていたり、年齢によってもターンオーバーの周期は異なるのです。

実際ターンオーバーの周期って何日くらい?

10代・・・20日前後

20代・・・28日前後

30代・・・40日前後

40代・・・55日前後

50代・・・75日前後

60代・・・100日前後

もちろん個人差はございますが、30代以降になると周期が一気に長くなるのです。この数字だけ見てもこんなに違うのか・・・程度なのですが、ターンオーバーが遅いとお肌にどんな影響があるのでしょうか。

ターンオーバーが遅いと・・・

肌トラブルが解決しづらいといわれています。例えば肌荒れやにきびが治りにくくなるのもターンオーバーの遅さが原因です。古い角質がはがれずに肌の表面を覆ったままの状態でとどまり続けると化粧水やクリームなどの美容成分が浸透しづらくなります。

また、本来はターンオーバーにてメラニン色素が排出されるのですが、ターンオーバーが遅いと肌に残り続けてしまうため肌くすみの原因ともなります。

ターンオーバーが早いと・・・

実はターンオーバーは早すぎても良くありません。早すぎると未熟な細胞が角層に現れてしまうため、肌のバリア機能が低下してしまうのです。敏感肌の方が多いですね。
紫外線の影響や洗顔のしすぎ、肌に合わないクレンジングが原因としてあげられます。

ターンオーバーを整えるには?

睡眠や食事などの生活習慣はもちろんですが、ストレスも密接に関係しています。そのため過度にストレスをため込まないということは非常に重要です。ストレスを感じるとエストロゲンと呼ばれる美容成分の分泌が低下し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。これが肌トラブルの原因となるのです。

また、外からの刺激からもお肌を守らなくてはなりません。

特に紫外線は細胞にダメージを与えてしまうためターンオーバーを早めてしまいます。その結果、肌のバリアが低下し、シミやそばかすができやすくなってしまうのです。紫外線は1年中降り注いでいるのでケアを怠らない様にするとよいでしょう。

水分補給も大きくかかわってきます。最低でも1日2リットルの水分を補給しましょう。血流も良くなる他、栄養素が身体全体にいきわたるため、肌代謝が促進され老廃物も排出されやすくなります。ここで注意していただきたいのが常温の水ということです。夏場は冷たい水が飲みたくなるかもしれませんが、身体を冷やしすぎてもよくないので常温での水分補給をお勧めします。

アフターケアやお肌の力を強くすることも非常に重要

夜のセルフケアはもちろんですが、お肌自体の力を強くすることも非常に重要です。ターンオーバーを知り、ご自身の肌トラブルには敏感に関心を持つようにすると対策も早く行うことができますよ。
シミやくすみ、にきび等の肌トラブルでお悩みの方はこちらのブログもチェックしてみてくださいね♪