紫外線対策メイク・脂性肌用

気温や湿度が上昇するこれからの季節、いろいろなお肌もトラブルが引き起こります。紫外線対策は言わずもがな、今回は脂性肌の方におススメの紫外線対策日焼け止めメイク、また夏場の肌トラブルをご紹介させていただきます。

敏感肌の方はこちらをチェックしてみてください。

夏は過剰な皮脂の分泌に注意!?

肌のべたつきやテカリが非常に気になるのが夏。実は夏の皮脂量は冬の時期に比べると約2倍といわれているのを皆様ご存知でしょうか?特に皮脂を作り出している皮脂腺はおでこから顎にかけて多く存在しています。俗にいうTゾーンと呼ばれる部分です。
メイクも崩れやすくなるので日焼け止めやメイク選びには注意が必要になります。

脂性肌の方は特に夏場はお肌のべたつきやテカリが気になる方が多いのではないでしょうか。そのため日焼け止めや、メイクも脂性肌用を選ぶことをおススメします。

脂性肌、オイリー肌におススメの日焼け止めは?

やはり気になるのはべたつきですが、そんな方はサラサラタイプの日焼け止めをご利用されることをおススメいたします。サラサラとした軽い着け心地なのでべたつきなどの不快感は軽減されますね。
テカリ防止や皮脂を吸着してくれる効果のある物を選ぶのがおすすめです。

脂性肌には化粧下地選びが非常に重要!

ファンデーションを密着させ、化粧崩れを防止してくれる効果が下地にはあります。また、肌に直接ファンデーションを施すと毛穴にとどまり、にきびやくすみなどの原因になってしまうため、非常に化粧下地は重要です。

特に脂性肌の方は油分が少ない化粧下地がおすすめです。皮脂が多い状態でさらに油分を与えてしまうとニキビ・くすみの原因になるのです。ただし、テカリにくい化粧下地や化粧品が多く発売されていますが、皮脂を乾燥しすぎると肌が過度に乾燥してしまう場合がございます。その点のみご注意ください。

またテカリ防止のためにパウダーを使用されるとより効果的です。

脂性肌の方はその日の洗顔が非常に重要!

皮脂が多く分泌される夏場は特に洗顔を毎日きちんと行うことが重要です。
特に皮脂分泌の多いTゾーンや顎周りなどはキチンと洗顔を行い、皮脂をしっかりと落としましょう。ただし、過度に擦りすぎて刺激を加えない様にご注意ください。洗いすぎは乾燥に繋がります。

また脂性肌とはいっても保湿は非常に重要です。べとべとしているからといって保湿を怠る方もいらっしゃるようですが、ベタつきの少ないものでも良いので大切な潤いを閉じ込めておくことをイメージして、保湿はしっかり行ってください。

お一人お一人にあったメイクとは・・・?

下地やファンデーションはどのように塗ればいいでしょうか?どのように塗るのが正しいのでしょうか?そういったご質問をお受けいたしますが、当サロンではメイクレッスンも行っております。毎日行うメイクは最終的にはご自身でメイクをすることが出来なければ意味がありません。
ご一緒にメイクを行いながらアドバイスさせていただきますのでご質問やご不安な点がございましたら遠慮なくご相談くださいませ。